「向精神薬処方適正化宣言」病院のブログ

広島県廿日市市にある精神科病院、友和病院院長が管理してます

障害か、個性か

セサミストリート」に自閉症のキャラクターが登場

提供元:HealthDay News

 

米国の長寿子供向け番組「セサミストリート」。

日本ではいつの間にかテレビ放送として見かけなくなってしまいましたが、愛嬌のあるキャラクターや関連グッズは街でよく見かけます。

米国のテレビドラマでは性別、人種への配慮がなされていることは有名です。

たとえば白人男性ばかりが出演することないようアジア人、黒人、女性などを含めバランスを考えキャスティングされています。

そしてセサミストリートでは、なんと自閉症という心の障害を抱えたキャラクターが登場しました。

障害と言われると一般的には触れられたくない、触れたらいけないという空気が漂っています。

しかし、障害というのは病気とは違って、社会状況により障害になります。

いや障害にさせられてしまいます。

たとえば世の中がほとんどフラットでバリアフリーならば歩けないことが障害にはなりません。

メガネやコンタクトレンズが普及している現代では、視力障がい者は自分が障がい者であるという自覚はないでしょう。

自閉症もコミュニケーションが取れて当たり前と社会がみなせば障害となりますし、引きこもりOKの社会なら障害にはなりません。

金子みすゞさんの「みんなちがって、みんないい。」を思い出します。

 

 

 

広告を非表示にする