院長のブログ

向精神薬の処方適正化に取り組みます。

ベンゾジアゼピン系への包囲網

睡眠薬依存、注意の改訂指示 厚労省

 
2017年3月22日 (水)配信朝日新聞
 
数年前から、外来で処方される向精神薬の数が制限されるようになりました。
しかも違反すると減収というペナルティがあるのです。
精神科医にとっては、収益に直結する強制性を持つ、非常に画期的な出来事だったと思います。
さらに昨年からは、その数が抗精神病薬抗うつ薬についてさらに減らされています。
このたび厚労省は、製薬関連団体に対して、ベンゾジアゼピン(BZ)系という薬に対して、「承認用量の範囲内でも、薬物依存が生じる。漫然とした継続投与による長期使用を避けること」などと使用上の注意に明記することを求めています。
対象となる薬はなんと44種類もあるそうです。
徐々に、そして確実にBZ系への包囲網が狭まりつつあります。
長期に使用して依存は生じてないですか?今一度ご確認を。