院長のブログ

向精神薬の処方適正化に取り組みます。

それは本当に薬ですか?

 「薬になる」と言いますが、一般的に薬とは辛い症状を改善するなど体にとって良い作用を及ぼすもののことを言いますよね。

 ここにAという錠剤があるとします。

 Aは1日に1錠飲んだだけでは効果が出ません。適量とされる2錠から4錠飲むと60%の人に効果が見られます。しかし、8錠以上飲むと頭痛、吐き気、しびれなどの副作用が出て、12錠以上飲むと呼吸が止まり死んでしまいます。

 これは仮定の話なのですが、副作用の症状や数字を変えれば、実際に処方されている薬にも当てはまります。

 Aは一般的に薬と呼ばれますが、この話からすべての人にとって薬とは言えないことが分ります。

 健康な人が飲んでも何も変わらないので、健康な人にとってAは薬ではありません。

 病気の人が1錠だけ飲んでも何の効果も示さないので1錠だけでは薬になりません。

 病気の人が適量飲んでも、そのうちの40%の人にとっては効果がないため薬にはなりません。

 8錠以上の過量を飲んだ人に至っては、薬としての効果はなく、もはや毒物と言えます。

 つまり、薬とは、様々な条件が揃わなければ薬と呼べないわけです。

 絶対的な薬があるのではなく、相対的に薬となるのです。

 しかも、薬が薬であるための条件は結構厳しいです。

 甲子園出場のために勝ち残るくらい大変で、次々と脱落者が出ます。

 薬を薬として受け取れるのは、薬の種類と量が体質や症状にマッチした少数のエリートと言えるでしょう。

 薬として販売されている物を目の前にして、全員がそれを指差して「それは薬です」と言えるはずがないのです。

 極論を言えば薬に対して幻想を抱いている、そう思い込んでいる、思い込まされているだけかもしれません。

 ひょっとすると、薬として受け取ったはずのものが、ある人にとっては結果単なるラムネのような駄菓子、もしくは体に害を及ぼす毒物になっているかもしれないのです。

 皆さんの受け取られた薬は、きちんと皆さんにとって薬になっていますか?